カードの種類について調べてみた

運送の仕事や通勤、レジャーなどで有料道路を頻繁に利用する人は、多くいます。有料道路は一般道路と比べて、幅が広く曲がり角はなく、基本的に1本道なのでスムーズな運転とスピーディな移動とが可能です。その便利さのため、利用するには料金を支払わなければなりません。

 
料金は、利用した区間によるのですが、1区間ごとに数百円程度です。有料道路の出入り口には料金所があり、そこでいったん車を停車して、現金で支払うことになります。

 
しかし停車も小銭の出し入れも、手間がかかります。その手間が渋滞を招くこともあります。そのために開発されたのが、ETCシステムです。ETCシステムとは、料金の自動精算システムです。これを搭載している車は、料金所で停車せずとも素通りすることができます。料金は、後日まとめて指定している口座から引き落とされるのです。}PgžxQ

 
そしてETCシステムを利用するためには、専用のカードが必要です。種類は色々とありますが、多くの場合はクレジット機能がついていて、ショッピングをした代金と有料道路の利用料が合算されて引き落とされるようになっています。クレジット機能がついている以上、申し込みや発行には、審査を受けてそれに通過することが必要です。またクレジット機能がついておらず、ETCシステムでのみ利用が可能というものもあります。この場合は審査は必要ありませんが、数万円の保証金を預けることになります。

コメント

コメントを受け付けておりません。