車載器の種類について

ETCの車載器とは、車の情報を料金所のアンテナと無線交信するための機器を言います。これだけでは料金を支払うことは出来ないので、必ずETCカードを挿入するようにします。

 
カードの挿入部とアンテナが一体化しているタイプとカード挿入部とアンテナが別々になっている種類があります。

 
一体化しているタイプはダッシュボードの上など通信の際に障害とならない場所に置くようにして設置します。また、カード挿入部とアンテナが別々になっているタイプは、アンテナはダッシュボードやバックミラーの裏など通信の妨げにならないような場所に、カード挿入部はどこにでも設置することが出来ます。
使用する前には、まずETCを利用する車両の情報を書き込む必要があります。これをセットアップと言いますが、方法にもよりますが最長で1週間ほどを要する場合もあります。

木
車に取り付ける場合、その時間は専門店に依頼した場合で1時間程とされています。自分で設置することも可能ですが、アンテナの向きの調整など専門的な知識が必要となることもありますので、そのような知識がないという場合には専門店に依頼するのが一般的です。

 
設置する場合には、必ず取扱説明書に沿って取り付けるようにしましょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。