導入手続きについて

牧草地03

消費税率の変更の導入とETC割引の見直しに伴ない、高速道路の通行料金やETCの割引がかわります。

 

消費税率の変更で、10円単位の通行料金になります。ETC割引では新たに開始する割引や変更、終了する割引があります。ETC頻度型割引で新たに、平日朝、夕割引が始まります。ETCマイレージサービスに事前に登録しておくと、1ヶ月間の対象走行回数に応じて地方部区間、最大100キロ相当分の通行料金について最大50パーセント分が利用月の翌月に還元されます。対象となる走行は平日の6時から9時もしくは17時から20時に料金所を通過した朝夕それぞれ最初の1回の走行になります。対象の走行回数が1ヶ月あたり5回から9回ではおよそ30パーセント10回以上ではおよそ50パーセントの基本還元率になります。4回以下では対象外になります。

 

さらにマイレージポイントも変わります。通行料金10円ごとに1ポイントが利用月の翌月につきます。ポイントは交換の単位ごとに還元額に交換できます、1000ポイントで500円、3000ポイントで2500円、5000ポイントで5000円になります。これら2種類の割引についてはETCマイレージサービスに登録する手続きが必要です。

コメント

コメントを受け付けておりません。