1台の車(車載器)に複数のETCカードが利用できるそれがメリットです!

ETCはETC車載器を取り付けた車がインターチェンジ出入り口料金所を通過すると自動的に生産するシステムで、渋滞緩和やクレジット利用による金融市場などのあらゆる側面で導入されました。

 
クレジット会社が発行するカードとさらにETCの申込みをし、ETC本体に差し込んだ状態で入口を通過すれば料金自動精算が出来ます。

雷
申し込みの際に1枚ではなく2枚以上の申し込みが出来、複数のクレジットを使い分けることが出来ます。

 
複数のものを使い分けるメリットとして、大勢の人数でレンタカーや誰かの1台の車を利用して、レジャーなどのお出かけに行く場合、それぞれの所有するカードを差し替えて、高速を利用することが出来ます。

 
良き道がAさん、帰り道がBさんというように交代で利用するということです。

 
さらに、割引制度の利用も入れ替えることによって同じ車であっても適用となるため、これを上手く利用すればお値打ちに高速道路が利用できます。
ただ、これには一定の条件を満たしていなければいけないため、割引内容をよく確認しておくことが大切です。

 
2枚以上の登録をする場合、各々のマイレージ登録をする必要があり、マイレージ登録をしていないと、利用後のポイント還元が受けられないので注意しましょう。

1枚のカードを複数の車(車載器)で利用できるそれがメリットです!

木の実

 

ETCを利用するために必要なカードは、1枚持ってさえいればいくつもの車でも利用することができます。しかも支払いをするときにも1枚で請求が来るので、複数の会社の請求書を確認することなく一括で管理をすることができます。

 
例えば、自分自身がいくつかの車を運転する場合でも、運転する車によって利用するものを変えて行けばよいのでいくつかのものを用意しておいて、紛失するなどのトラブルを防ぐことができます。

 
ただし、車に付いている車載器は移動をさせることができません。これは、車に取り付ける段階で、利用する車の大きさにより金額が決まるように事前に設定されています。そのため、車に取り付けられている方を移動してしまうと不正支払いが発生するためにできないようになっています。

 
いくつかの車で利用することができるETCは、レンタカーでも利用することができます。支払いについては車に付いている名義ではなく支払いに利用する方の名義に請求が発生するようになっています。そのため、レンタカーを借りて運転するときも自分のを利用することができますし、各種の割引サービスを受けることができるようになっています。さらにポイントなども貯まるようになっています。

ETCの便利な利用方法について

ETCとは自動料金支払いシステムのことです。車に取り付けられた専用の機械にカードを挿入し、高速道路などの有料道路の料金所に設置されたアンテナとの無線通信により、車を停止することなく料金を支払うことができます。カードが一枚あれば、複数の車で使用することも可能です。渋滞を解消させることが目的で導入されました。

 
料金所での待ち時間を減らせるだけでなく、無駄な減速と加速をカットできるので燃費も向上します。つまり環境に優しく、無駄な出費も抑えられます。

 

 

しかし、通過するときは、20キロ以下に減速しなければなりません。それ以上のスピードでは、バーへの接触などの事故につながる危険性があります。カードの有効期限が切れていても同じように危険なので、事前に確認する必要があります。このように、最低限の知識を身につけておくことが重要です。

 

 

利用することで割引を受けられることもあります。最大50%も割引になります。ただし、連休、土・日、時間帯、地域などの条件によって割引率は異なります。

}PgžxQ
カードにはいくつも種類があり、それぞれ特徴が異なります。使用頻度などの利用環境に合わせて選ぶことができます。ガソリンを入れるときなど、ポイントが付くのもメリットの一つです。

セットアップって何?

新しく車にETCを取り付ける時には取り付ける自動車の情報を入力しておく必要性があります。

 

これがセットアップというものです。きちんと車両の情報を入力しておくことでこうしたシステムは活用することが出来るようになります。例えば車両のナンバープレートを変える時などにもこうした登録は再度必要になります。その他にも違う車両に取り付ける時などにも再登録をする必要性があるので注意が必要になります。自動車はとても多くの人に利用されるものになっていますし、こうしたシステムも比例して多くの車両に搭載されるようになっています。

 

ただ基本的な使い方を知らないという人はとても多くいます。基本的には使用する車両と一体であると考えた方が良いものです。自動車の利便性が高まっているということもあり、こうした仕組みもとても多くの人に利用されるものになっています。

 

高速道路などはこうしたシステムを活用することで効率的な通行を実現しています。渋滞を緩和するという意味でも期待されていますし、運転者の負担を軽いものにするということでも大きな価値があります。利便性が高くなっていくことは、高速道路の利用者を増やしていくことにも影響していきます。

カードと車載器の組み合わせ

高速道路で使われているETCとは、料金所で停止することなく自動で料金を精算するシステムのことです。ETCを利用するためには、ETC車載器を取り付け、セットアップする必要があります。また、ETCの料金を支払うためのカードも必要となり、各クレジットカード会社で作ることが可能です。車載する機材のブランドとクレジット会社の組み合わせは自由です。

 
ETCを利用するメリットとしては、料金所で止まる必要がないと言う他に、割引料金制度があるところです。割引のサービス内容は各高速道路会社で違いはありますが、一般的には利用すればするほど得をする制度になっています。主な割引サービスには、平日の朝6時から9時までの間と夕方17時から20時までが割引される平日割引サービスや、土曜・日曜・祝日が割引になる休日割引サービス、さらには、毎日0時から4時までの時間が割引になる深夜サービスなどがあります。また、ETCマイレージサービスに登録すると、支払いに応じてポイントがたまり、還元額(無料通行分)と交換することができます。マイレージサービスは年会費無料で、平日割引サービスはマイレージサービスを登録した人だけのサービスとなっています。

}PgžxQ

カードの種類について調べてみた

運送の仕事や通勤、レジャーなどで有料道路を頻繁に利用する人は、多くいます。有料道路は一般道路と比べて、幅が広く曲がり角はなく、基本的に1本道なのでスムーズな運転とスピーディな移動とが可能です。その便利さのため、利用するには料金を支払わなければなりません。

 
料金は、利用した区間によるのですが、1区間ごとに数百円程度です。有料道路の出入り口には料金所があり、そこでいったん車を停車して、現金で支払うことになります。

 
しかし停車も小銭の出し入れも、手間がかかります。その手間が渋滞を招くこともあります。そのために開発されたのが、ETCシステムです。ETCシステムとは、料金の自動精算システムです。これを搭載している車は、料金所で停車せずとも素通りすることができます。料金は、後日まとめて指定している口座から引き落とされるのです。}PgžxQ

 
そしてETCシステムを利用するためには、専用のカードが必要です。種類は色々とありますが、多くの場合はクレジット機能がついていて、ショッピングをした代金と有料道路の利用料が合算されて引き落とされるようになっています。クレジット機能がついている以上、申し込みや発行には、審査を受けてそれに通過することが必要です。またクレジット機能がついておらず、ETCシステムでのみ利用が可能というものもあります。この場合は審査は必要ありませんが、数万円の保証金を預けることになります。

車載器の種類について

ETCの車載器とは、車の情報を料金所のアンテナと無線交信するための機器を言います。これだけでは料金を支払うことは出来ないので、必ずETCカードを挿入するようにします。

 
カードの挿入部とアンテナが一体化しているタイプとカード挿入部とアンテナが別々になっている種類があります。

 
一体化しているタイプはダッシュボードの上など通信の際に障害とならない場所に置くようにして設置します。また、カード挿入部とアンテナが別々になっているタイプは、アンテナはダッシュボードやバックミラーの裏など通信の妨げにならないような場所に、カード挿入部はどこにでも設置することが出来ます。
使用する前には、まずETCを利用する車両の情報を書き込む必要があります。これをセットアップと言いますが、方法にもよりますが最長で1週間ほどを要する場合もあります。

木
車に取り付ける場合、その時間は専門店に依頼した場合で1時間程とされています。自分で設置することも可能ですが、アンテナの向きの調整など専門的な知識が必要となることもありますので、そのような知識がないという場合には専門店に依頼するのが一般的です。

 
設置する場合には、必ず取扱説明書に沿って取り付けるようにしましょう。

導入手続きについて

牧草地03

消費税率の変更の導入とETC割引の見直しに伴ない、高速道路の通行料金やETCの割引がかわります。

 

消費税率の変更で、10円単位の通行料金になります。ETC割引では新たに開始する割引や変更、終了する割引があります。ETC頻度型割引で新たに、平日朝、夕割引が始まります。ETCマイレージサービスに事前に登録しておくと、1ヶ月間の対象走行回数に応じて地方部区間、最大100キロ相当分の通行料金について最大50パーセント分が利用月の翌月に還元されます。対象となる走行は平日の6時から9時もしくは17時から20時に料金所を通過した朝夕それぞれ最初の1回の走行になります。対象の走行回数が1ヶ月あたり5回から9回ではおよそ30パーセント10回以上ではおよそ50パーセントの基本還元率になります。4回以下では対象外になります。

 

さらにマイレージポイントも変わります。通行料金10円ごとに1ポイントが利用月の翌月につきます。ポイントは交換の単位ごとに還元額に交換できます、1000ポイントで500円、3000ポイントで2500円、5000ポイントで5000円になります。これら2種類の割引についてはETCマイレージサービスに登録する手続きが必要です。

ETCシステムって?

ETCはとてもお得で便利ですが、取扱いには気をつけなければいけません。防犯の面から考えると、車を離れる時にはその都度カードを抜くことが望ましいでしょう。このカードは現金と同じですから、盗まれると大変なことになってしまいます。万が一、盗まれたり紛失してしまった場合には、クレジット会社に連絡してカードの使用停止を申し込むことと、必要に応じて警察へも、被害届を提出することが必要となります。

牧草地02
また、車を買い換える時に車載器の移し替えが必要な場合もあります。車載器には、取り付けた車の情報がインプットされているので、新しい車に付け替える時には、車載器のセットアップをし直す必要があります。つまり、新しい車の情報をインプットし直すということです。セットアップは、カーディーラーやカー用品店などでしてもらえます。
ただ、注意しなければいけないのは、マイレージサービスを利用している場合、登録情報の変更を行う必要もあるということです。せっかく貯めたマイレージのポイントがダメになってしまわないように、忘れずに登録情報の変更行いましょう。登録内容の更新を行った場合、貯めたマイレージのポイントはリセットされることはありません。同じマイレージIDに引き継がれることになるからです。引き続いてポイントを貯めることができますし、無料通行分があった場合も、引き継ぐことができます。